火災保険 不測かつ突発的な事故

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)とは

不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)
このような不測かつ突発的な事故による損害を補償します

日々の暮らしのなかで起こりがちな「うっかり」を補償します!

「子どもが室内で遊んでいるときに、うっかりものを壊してしまった」「掃除中、掃除機をドアにぶつけて破損した」「家具の配置替えをしていて棚を倒してしまい、棚とテーブルが破損した」など、日常生活でのトラブルは絶えません。

※すり傷などの外観上の損傷または汚損であっても、その機能に支障をきたさない損害は補償の対象となりません。

こんな時でも補償されます

  • 掃除中に壁にものをぶつけて、壁を破損してしまった
  • 子どもが室内でボールを投げ、窓ガラスが破損してしまった
  • ※建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • ※ベーシック(Ⅰ型)、ベーシック(Ⅰ型)水災なしでのみ補償します。
保険金をお支払いする主な場合
建物 家財

うっかり起こしてしまった偶然の事故により、建物が受けた損害を補償します。

<お支払いする保険金額>

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

損害額*1-自己負担額*2=損害保険金

  • *1 損害額とは、協定再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用をいいます。(協定再調達価額限度)
  • *2 建物を復旧できない場合または建物の損害の額が協定再調達価額に達した場合は、自己負担額を差し引かず、 協定再調達価額を損害保険金としてお支払いします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

うっかり起こしてしまった偶然の事故により、家財が受けた損害を補償します。

<お支払いする保険金額>

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

損害額*-自己負担額=損害保険金

  • *損害額とは、再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用をいいます。(再調達価額限度)
    ただし、明記物件の場合は時価額を基準に算出します。

(注)自己負担額0円を選択した場合でも不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)の自己負担額は1万円となります。そのほか、ご契約いただくプランや保険の対象などにより、お支払いする保険金の額が上記算式とは異なる場合があります。

保険金をお支払いできない主な場合

こちらをご確認ください。

▲ TOPへ 火災保険 TOPへ ≫