火災保険 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突とは

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
このような建物外部からの衝突などによるによる損害を補償します

自動車の衝突など、自然災害以外のリスクもたくさんあります!

自動車やトラックが運転を誤って敷地内に突っ込み、壁を壊してしまった。
取材中のヘリコプターから物が落ちてきて屋根に衝突したなど、自然災害以外にも、家屋に損害を与える可能性のあるリスクがたくさん報告されています。

こんな時でも補償されます

  • 自動車が運転を誤って自宅の敷地内に突っ込み、塀を壊してしまった。*
  • 外から野球のボールが飛んできて、窓ガラスが割れた。*
  • *建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • *スリム(I型)、スリム(II型)では補償されません。
保険金をお支払いする主な場合
建物 家財

建物外部から物体が落下・飛来・衝突したことにより、建物が受けた損害に、保険金をお支払いします。

<お支払いする保険金額>

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

損害額*1-自己負担額*2=損害保険金

  • *1 損害額とは、協定再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用をいいます。(協定再調達価額限度)
  • *2 建物を復旧できない場合または建物の損害の額が協定再調達価額に達した場合は、自己負担額を差し引かず、 協定再調達価額を損害保険金としてお支払いします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

建物外部から物体が落下・飛来・衝突したことにより、家財が受けた損害に、保険金をお支払いします。

<お支払いする保険金額>

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

損害額*-自己負担額=損害保険金

  • *損害額とは、再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用をいいます。(再調達価額限度)
    ただし、明記物件の場合は時価額を基準に算出します。

(注)ご契約いただくプランや保険の対象などにより、お支払いする保険金の額が上記算式とは異なる場合があります。

保険金をお支払いできない主な場合
こちらをご確認ください。

▲ TOPへ 火災保険 TOPへ ≫