損保ジャパン日本興亜 火災保険よくあるご質問>THEすまいの保険 商品・補償内容・ご契約条件・保険料

よくあるご質問 THEすまいの保険 商品・補償内容・ご契約条件・保険料

特約

Q 個人賠償責任特約では、どんなときに補償されるのですか?

以下の偶然な事故により、記名被保険者本人やご家族(※)の方が法律上の賠償責任を負った場合に補償します。

  • 日常生活の中で、他人にけがをさせたり、他人の物を壊した場合
  • 保険証券の本人欄に記載されている方が居住用としている住宅の所有・使用・管理による場合

例えば、飼い犬が散歩中に歩行者にいきなり噛み付いた場合や、ベランダに設置しておいたプランターが落下して駐輪していた他人の自転車を壊した場合などで、法律上の賠償責任が発生した場合が該当します。

※ご家族の範囲は以下のとおりとなります。
(1)本人の配偶者
(2)本人または(1)の同居の親族
(3)本人または(1)の別居の未婚の子

Q 個人賠償責任特約をセットしていれば、示談交渉もしてくれますか?

はい、火災保険にセットされる「個人賠償責任特約」では、国内の事故にかぎり、損害賠償に関する示談交渉サービスを行います。
示談交渉サービスのご利用にあたっては、被保険者(個人賠償責任の補償を受けられる方)および被害者の方の同意が必要となります。
この補償の対象となる事故にかぎります。
賠償責任額が明らかに個人賠償責任特約の保険金額を超える場合は対応できません。

Q 賃貸住宅に入居予定ですが「個人賠償責任特約」をセットすれば、「借家人賠償責任特約」は必要ありませんか?

いいえ、大家さんに対しての法律上の損害賠償責任を負った場合に備えて必要です。借主の方ご自身の過失で火災等を起こしてしまい家主に対して賠償責任を負った場合には、個人賠償責任特約(※1)では保険金支払の対象になりません。
このような場合に保険金が支払われるのが借家人賠償責任(※2)です。これらふたつの補償の範囲は重なりません。
なお、損保ジャパン日本興亜の「THE家財の保険」では、この借家人賠償責任が自動セットされています。

※1 個人賠償責任特約(概要)
国内外を問わず、日常生活の中で、偶然な事故によりご本人またはご家族が他人にけがをさせたり、他人の物を壊したことにより、法律上の賠償責任を負った場合に保険金をお支払いする特約です。ただし、ご本人やご家族が他人から預かったり借りたりしている物を壊した場合の事故は対象外となります。
※2 借家人賠償責任(概要)
賃貸住宅にお住まいの方向けの補償で、借主が火災や破裂・爆発等を起こして借りた部屋に損害を与えたことで、家主に対して法律上の賠償責任を負った場合に保険金をお支払いする補償です。

Q 隣の家などに延焼して損害を与えた場合の特約はありますか?

はい、「THEすまいの保険」「THE家財の保険」では、類焼損害特約※という特約(オプション)で補償されます。

※類焼損害特約とは、お住まいからの失火でお隣の住宅や家財に延焼してしまった場合に、法律上の賠償責任がなくても、お隣の住宅や家財を補償する特約です。

Q 類焼損害特約について、失火責任法との関係を教えてください。

失火で他人の家に延焼させた場合、「失火の責任に関する法律(=失火責任法)」により、故意または重過失の場合でなければ失火者に賠償責任が発生しないものとしています。
しかし、ご近所の損害を補償することで事故後の契約者の心情的負担を軽減させ友好的なご近所関係を維持できるように、損保ジャパン日本興亜では「類焼損害特約」をご用意しております。

Q 類焼損害特約の保険金の支払方法を教えてください。

お隣の住宅・家財の再調達価額※を基準として出した損害額を保険金としてお支払いします。
ただし、お隣の住宅・家財を保険の対象とする保険契約または共済契約がある場合は、その保険金の額を差し引いてお支払いします。
また契約年度ごとに1億円がお支払いの限度となります。

※再調達価額とは、損害が生じた地および時において保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築または再取得するのに要する額をいいます。

Q 類焼損害特約では、道路を挟んだ向かい側の家もお隣に含まれますか?

はい、道路を挟んだ向かいのお宅でも、保険の対象である建物や家財から発生した火災、破裂・爆発により損害を受けた場合は補償されます。
ただし、向かいのお宅に居住※されていることが補償の条件となりますのでご注意ください。

※居住とは、建物の全部または一部分で日常生活を営まれていることをいいます。

Q 携行品損害特約とはどういう特約ですか?

保険証券記載の建物(敷地内を含みます。)外において、被保険者が携行している被保険者所有の身の回り品について、偶然な事故により損害が生じた場合に補償する特約です。
ただし、補償の対象外となる身の回り品がありますので、詳細についてはお問合せください。

※保険の対象に家財が含まれる場合にかぎり、セットすることができます。

Q 「保険金額調整等に関する追加特約」とはどのような内容ですか?

保険期間中に物価変動率が5%を超えて下落した場合、ご契約時の保険金額のままでは建物の価値以上の保険を付けていることになります。そこで、その年のまだ過ぎていない期間について、協定再調達価額(※)および保険金額を適正な価額に減額させていただき、保険料を返れいさせていただく特約です。

※協定再調達価額とは、保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築または再取得するのに要する額を基準として、損保ジャパン日本興亜と保険契約者または被保険者との間で評価し、協定した額で、保険証券に記載した額をいいます。
※「THEすまいの保険」では、保険期間5年超で評価基準・支払基準が新価・実損払でお引受している建物の契約に自動セットされます。

Q 地震火災特約は、地震保険と異なりますか?

はい、地震火災特約(※1)と地震保険は同じではありません。
地震保険を限度額まで加入したご契約に地震火災特約をセットで追加することで、さらに地震など※2による火災の補償を充実させることができます。

※1 地震火災特約とは、地震など※2による火災で建物が半焼以上、または保険の対象の家財が全焼した場合に保険金をお支払いします。
この地震火災特約には、地震保険、主契約の地震火災費用とあわせて、地震などによる火災を最大80%補償する「地震火災30プラン」と最大100%補償する「地震火災50プラン」があります。
なお、地震火災特約は、地震により建物が倒壊した後の火災により損害が生じた場合はお支払いの対象外となりますのでご注意ください。
※2 「地震など」とは、地震・噴火またはこれらによる津波による損害をいいます。

Q 地震火災特約(地震火災30プランと50プラン)とはどんな内容ですか?

地震保険を限度額まで加入いただいた契約に追加で付けることができる特約です。
地震保険では火災保険の保険金額の50%を限度額として補償しますが、地震火災特約は地震など(※)による火災損害の補償を充実させます。

<地震火災50プラン>

  • 地震などによる火災について最大100%補償します。
    (地震保険で50%) + (地震火災50プラン+地震火災費用保険金で50%) = (火災保険の保険金額の100%)

<地震火災30プラン>

  • 地震などによる火災について最大80%補償します。
    (地震保険で50%) + (地震火災30プラン+地震火災費用保険金で30%) = (火災保険の保険金額の80%)

※「地震など」とは、地震・噴火またはこれらによる津波による損害をいいます。
※地震火災特約がセットできるのは、保険期間が5年以下の整数年の契約となります。

Q 地震火災費用保険金とは?

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で建物が半焼以上、または家財が全焼した場合は、保険金額の5%をお支払いします。

(注)地震により建物が倒壊した後に火災による損害が生じた場合を除きます。
お支払いする費用保険金の額:保険金額×5%
さらに地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)をセットすることで、地震等による火災の補償を充実させることができます。

Q 地震火災特約が付帯できるケースは何ですか?

はい、以下の4条件を満たしていただいた場合にセットできます。

(1)保険金のお支払い基準が「新価・実損払」であること
(2)ご契約のプランが、「ベーシックⅠ型」で、臨時費用保険金も補償されていること
(3)保険の対象すべてに地震保険が最高限度額まで付帯されていること
(4)保険期間が5年以下の整数年であること

Q 個人賠償責任特約とは?

日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が他人にけがをさせたり他人の物を壊したりした結果、法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

※国内外の事故にかかわらず補償します。

!ご契約いただく条件などによっては、上記特約をセットできない場合もございます。なお、複数のご契約に上記特約をセットした場合、補償に重複が生じることがありますので、ご注意ください。

Q 類焼損害特約とは?

ご自宅からの失火でお隣の住宅や家財に延焼してしまった場合に、法律上の賠償責任がなくても、お隣の住宅や家財を補償する特約です。

※このオプションによってお支払いする保険金の受取人は、類焼損害を被ったお隣の家屋などの所有者となります。通常、隣家の方はこの保険契約の内容をご存じないため、事故が発生した際、ご契約者さまから、この保険内容をお伝えいただくとともに、損保ジャパン日本興亜へ類焼損害の発生をご通知いただくなどのお手続きが必要となります。

Q 携行品損害特約とは?

保険の対象となる家財を収容する建物(敷地内を含みます)の外に持ち出した、被保険者(補償を受けられる方)が携行している被保険者所有の身の回り品について、偶然な事故により損害が生じた場合に補償します。(自己負担額1万円)。補償の対象外となる身の回り品がありますので、詳細についてはお問い合わせください。

※保険の対象に家財が含まれるベーシックI型またはベーシックII型にご契約の場合にかぎります。
※携行品とは、被保険者が所有し、かつ被保険者自身が日常使用する個人用の生活動産のことをいいます。
ただし、携行品に以下のものは含まれません。
有価証券、船舶(ヨット・モーターボート含む)、自動車(バイク含む)、自転車、コンタクトレンズ、眼鏡、義歯、動物・植物、携帯電話、ノート型パソコン、ラジコン模型、サーフボード など。

Q 施設賠償責任特約とは?(対象商品:THEすまいの保険)

建物の欠陥や業務上の過失によって生じた偶然な事故で、他人にけがをさせたり他人の物を壊した結果、法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。損害賠償に関する示談交渉サービスは行いません。

※対象業種は、小売店、料理飲食店、事務所、マンション賃貸・管理業にかぎります。

Q 家賃収入特約とは?(対象商品:THEすまいの保険)

他人に貸している住宅等が火災などにより損害を受けた結果、被った家賃収入の損失を補償します。

※保険の対象に建物が含まれる場合にかぎります。

Q 営業用什器・備品等損害特約とは?(対象商品:THEすまいの保険)

保険証券記載の建物(敷地内を含みます。)に収容される、被保険者(補償を受けられる方)が所有する業務用の什器・備品等の動産について、偶然な事故により損害が生じた場合に補償します。(自己負担額1万円)。補償の対象外となる什器・備品等がありますので、詳細についてはお問い合わせください。

※保険の対象となる建物または保険の対象である家財一式を収容する建物の用途が併用住宅の場合にかぎります。
併用住宅とは、住居と住居以外の用途(事業)に併用される建物をいいます。

Q 商品・製品等損害特約とは?(対象商品:THEすまいの保険)

保険証券記載の建物(敷地内を含みます。)に収容される、被保険者(補償を受けられる方)が所有する商品・製品等の動産について、偶然な事故により損害が生じた場合に補償します。(自己負担額1万円)。補償の対象外となる、商品・製品等がありますので、詳細についてはお問い合わせください。

※保険の対象となる建物の用途が併用住宅の場合にかぎります。
併用住宅とは、住居と住居以外の用途(事業)に併用される建物をいいます。
※2011年1月1日以降保険始期契約にのみセット可能です。
※商品・製品等とは、お客さまが業務で使用される商品・製品をいいます。
例えば、店舗で販売している商品や在庫として保管している商品等をいいます。

Q 地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)とは?

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災での損害は火災保険だけでは、補償されません。地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で建物が半焼以上、または保険の対象の家財が全焼した場合は、地震保険、火災保険の地震火災費用とあわせて、地震火災50プランでは、最大で火災保険金額の100%、地震火災30プランでは、最大で火災保険金額の80%まで補償します。

※地震により建物が倒壊したあとに、火災による損害が生じた場合は、お支払いの対象外となります。
※地震保険を限度額までご契約の場合のみお選びいただけます。
※保険金のお支払い方法が「新価・実損払」の場合のみお選びいただけます。
※臨時費用保険金なしを選択された場合、この特約はセットできません。
※ベーシックI型水災なし、ベーシックII型、ベーシックII型水災なし、スリムI型、スリムII型のご契約の場合、この特約はセットできません。

Q その他特約とは?

次の特約のことです。

特約名称 対象商品

上乗せ協定再調達価額保険特約

THEすまいの保険

法人等契約の被保険者に関する特約

THEすまいの保険/THE家財の保険

  • 「上乗せ協定再調達価額保険特約」とは
    協定再調達価額※1と他の長期保険契約※2の保険金額との差額を上乗せして補償する特約です。
    ※1協定再調達価額とは、保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築または再取得するのに要する額をいい、ご契約時にお客さまと損保ジャパン日本興亜で協定した金額のことです
    ※2他の長期保険契約とは、価額協定保険特約およびこれに類似の特約をセットしない他の保険契約で保険期間が1年を超えるもののことです。他の長期保険契約の詳細については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。
  • 「法人等契約の被保険者に関する特約」とは
    法人等(個人事業主を含みます。)が契約者となり、社宅等に居住する従業員等が所有する家財を保険の対象とする特約です。
    本特約をセットした場合、入居者入替に伴う、解約・新規契約の手続きが不要となります。
    ※家財の新価(保険の対象と同一の質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに要する額)は、従業員の皆さまが替わることによって変動しますので、適宜見直しが必要です。

Q マンションなどの集合住宅で、自分の専有部分から水漏れを起こしてしまい、他の戸室に損害を与えた場合の費用は、火災保険で補償されますか?

いいえ、他の戸室へ水濡れを起こした場合、お客さまの火災保険では相手の方へ補償されません。
ただし、お客さまに法律上の賠償義務があり、個人賠償責任特約(※)をオプションでつけていただければ補償されます。

※個人賠償責任特約とは、国内外を問わず、日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が他人にけがをさせたり他人の物を壊したりした結果、法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。 なお、損害賠償に関する示談交渉サービスは行っておりません。

Q 地震火災特約(30,50プラン)はどの契約プランでもつけることができますか?

いいえ、以下の条件を満たしたご契約につけていただけます。

項目 契約条件
保険金支払基準

新価・実損払※1

保険の対象

以下のいずれか
→建物および家財一式の契約 →建物のみの契約 →家財一式のみの契約

契約のプラン・補償内容

ベーシックⅠ型(水災あり)で臨時費用保険金も補償していること

保険期間

5年以下の整数年

その他

保険の対象すべてに、地震保険を限度額(※2)まで付帯していること

※1 「新価・実損払」とは、保険の対象を評価する基準を新価(※3)で行い、保険金の支払時には実際の損害額を保険金額を限度にお支払いすることをいいます。
※2 地震保険の最高限度額とは、以下の金額をいいます。
 建物⇒火災保険の建物保険金額の50%(ただし、5,000万円が限度額)
 家財⇒火災保険の家財保険金額の50%(ただし、1,000万円が限度額)
※3 新価とは、保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築または再取得するのに要する額をいいます。

Q 個人用火災総合保険「THEすまいの保険」で地震による損害を補償してくれる保険や特約はどのようなものがありますか?

<地震火災費用保険金>

地震火災費用保険とは、火災保険にセットされている費用保険金のことで、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災により保険の対象が損害を受け、その損害の状況が次のいずれかに該当する場合に支払われます。地震保険に加入していなくてもお支払いの対象となります。
ただし、地震により建物が倒壊した後に火災による損害が生じた場合を除きます。

  • 保険の対象が建物の場合
    建物が半焼以上となったとき
  • 保険の対象が家財の場合
    家財を収容する建物が半焼以上となったとき、または家財が全焼したとき

<地震保険>

地震保険とは、火災保険とは別にご加入いただく保険で、建物・家財それぞれに保険をかけていただくものです。地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失によって保険の対象が損害を受け、その損害が一部損以上となった場合に支払われます。
※お客さまのご希望により建物・家財ごとに火災保険金額の30~50%の範囲で地震保険金額を設定し、火災保険に追加して契約していただきます。ただし、地震保険金額は、同一敷地内、同一被保険者で建物の場合は5,000万円、家財の場合は1,000万円が限度となります。
(共同住宅等の場合は限度額が異なる場合があります。)

<地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)>

地震保険を限度額まで加入いただいた契約に追加でセットできる特約です。
地震保険では最大で火災保険の保険金額の50%を限度額として補償しますが、地震火災特約は地震等による火災損害の補償をさらに充実させます。
地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災により保険の対象が損害を受け、その損害の状況が次のいずれかに該当する場合に支払われます。
ただし、地震により建物が倒壊した後に火災による損害が生じた場合を除きます。

  • 保険の対象が建物の場合
    建物が半焼以上となったとき
  • 保険の対象が家財の場合
    家財を収容する建物が半焼以上となったとき、または家財が全焼したとき

なお、地震保険金額を限度額いっぱいでご契約された場合に追加でセットできる特約です。そのため、地震火災費用保険および地震保険と合わせて、それぞれ最大で以下の通りの補償となります。

  • 地震火災30プランをセットした場合
    火災保険金額×80%
    (地震保険から50%+地震火災費用保険金と地震火災30プランを合わせて30%)
  • 地震火災50プランをセットした場合
    火災保険金額×100%
    (地震保険から50%+地震火災費用保険金と地震火災50プランを合わせて50%)

※ご契約いただく条件などによっては、この特約をセットしていただけない場合もございます。

▲ TOPへ