充実の補償内容 地震保険

地震保険では、地震等を原因とする火災・損壊・埋没・流失によって、マンション共用部分が損害を受けた場合に保険金をお支払いします。

例

地震で火災が発生し、マンションが焼けてしまった!

例

地震でマンションが倒壊した!

例

地震が原因で津波が発生、マンションが流されてしまった!

基本の補償

地震等を原因とする火災・損壊・埋没・流失などによって、マンション共用部分が下記の損害を受けたときに保険金をお支払いします。

  保険金を
お支払いする場合
お支払いする
保険金
建物
建物
全損

主要構造部(基礎、柱、壁、屋根等)の損害の額が、その建物の時価額の50%以上となった場合または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上となったとき

マンション共用部分の地震保険金額の100%(時価額が限度)

大半損

主要構造部(前記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の40%以上50%未満となった場合または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の50%以上70%未満となったとき

マンション共用部分の地震保険金額の60%(時価額の60%が限度)

小半損

主要構造部(前記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の20%以上40%未満となった場合または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の20%以上50%未満となったとき

マンション共用部分の地震保険金額の30%(時価額の30%が限度)

一部損

主要構造部(前記に同じ)の損害の額が、その建物の時価額の3%以上20%未満となった場合または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水を受け、損害が生じた場合で、全損・大半損・小半損に至らないとき

マンション共用部分の地震保険金額の5%(時価額の5%が限度)

  • お支払いする保険金は、1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険額総額が、11.3兆円を超える場合、算出された支払保険金総額に対する11.3兆7円の割合によって削減されることがあります(平成28年7月現在)。
  • 72時間以内に生じた2つ以上の地震等はこれらを一括して1回とみなします。

地震保険のご加入にあたって

地震保険の対象となるもの

マンション共用部分

(これに付随する物置、納屋、車庫等の建物および門、塀、垣などを含みます。)

ただし、店舗、事務所等で住居部分のない居室の共有持分は対象となりません。また、管理組合が共有している備品、宅配ロッカー内の荷物、マンションの建物の専有部分、専有部分の収容されている家財は、マンション総合保険に付帯された地震保険の対象となりません。

地震保険のお申し込み

地震保険だけではご契約できません。マンション総合保険に付帯して地震保険をお申し込みください。保険期間の中途から地震保険を追加することができますので、ご希望される場合はお問い合わせください。

地震保険の保険金額(ご契約金額)

地震保険の保険金額には、上限と下限があります。戸室数、区分所有者の人数、専有部分の地震保険の有無により、限度となる額が異なります。詳細につきましてはおい問わ合せください。

地震保険の割引制度

所定の確認資料のご提出をいただきますと、以下の割引が適用される場合があります。詳細につきましてはお問い合わせください。

・建築年割引 ・耐震等級割引 ・免震建築物割引 ・耐震診断割引

このページは概要を説明したものです。詳しい内容についてはお問い合わせください。

▲ TOPへ