損保ジャパン日本興亜 火災保険THE家財の保険>補償内容 特約(オプション)

充実の補償内容 特約(オプション)

THE家財の保険 特約(オプション)

ひとまわり大きな安心をプラス!いざというときのために、ぜひ追加のご加入をご検討ください。

補償名 概要
借家人賠償責任補償 →借家人賠償責任

借りている戸室が火災等の事故により損壊した場合、大家さんに対して負担する法律上の損害賠償金をお支払いします。(自己負担額はありません)。損害賠償に関する示談交渉サービスは行いません。

※『THE家財の保険』のご契約に自動でセットされています。

修理費用補償償 →修理費用補償

借りている戸室が火災等の損害を受け、大家さんと賃貸借契約に基づいて負担した修理費用を補償します。(自己負担額はありません)。

※ご契約いただく内容により、補償の有無、保険金額が異なります。

個人賠償責任特約 →個人賠償責任特約

日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が他人にケガを負わせたり他人の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

例 デパートで、陳列されている商品をうっかり壊してしまった。

携行品損害特約 →携行品損害特約
(自己負担額1万円)

保険の対象となる家財を収容する建物(敷地内を含みます)の外に持ち出した、被保険者(補償を受けられる方)が携行している被保険者所有の身の回り品について、偶然な事故により損害が生じた場合に補償します。補償の対象外となる身の回り品がありますので、詳細については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問合せください。

※国内外の事故にかかわらず補償します。
※保険の対象に家財が含まれるご契約の場合にかぎります。

例 通勤途中に駅の壁にバッグをぶつけて破損してしまった。

類焼損害特約 →類焼損害特約

お住まいからの失火で近隣の住宅や家財に延焼してしまった場合に、法律上の損害賠償責任がなくても、近隣の住宅や家財を補償する特約です。

例 自宅建物から出火した火事が燃え広がり、お隣の住宅まで延焼してしまった。。

地震火災特約(地震火災30プラン地震火災50プラン) →地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)

臨時費用保険金とは

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災での損害は火災保険だけでは、補償されません。地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で、建物が半焼以上、または保険の対象である家財が全焼した場合は、地震保険、主契約の地震火災費用とあわせて、地震火災50プランでは最大で火災保険金額の100%、地震火災30プランでは最大で火災保険金額の80%まで補償します。

地震火災特約(地震火災30プラン地震火災50プラン) →事故再発防止等費用特約

火災、落雷、破裂・爆発の事故または盗難の事故により損害保険金をお支払いする場合、事故再発防止メニューをご利用いただけます。メニューの手配から費用のお支払いまで、専用デスクが行います。

例 盗難の事故により損害保険金が支払われたため、再発防止のためにホームセキュリティサービスを利用した。

同居人が居住する場合の被保険者に関する特約 →同居人が居住する場合の被保険者に関する特約

同居人が所有する家財もあわせて補償します。

例 ルームシェアをしていて、同居人の家財に損害を与えてしまった。

※10月1日以降保険責任開始の新特約です。

ご契約いただく条件などによっては、上記特約をセットしていただけない場合もございます。なお、複数のご契約に上記特約をセットした場合、補償に重複が生じることがありますので、ご注意ください。各特約をセットしていただく条件や、補償内容の詳細については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

▲ TOPへ