工場物件用火災保険

工場物件には、休業損失も補償する「ビジネスオーナーズ」をおすすめいたします。

工場物件用火災保険の対象

  • 事業専用または併用住宅「建物」
  • 事業専用建物または併用住宅建物内に収容の「設備・什器等」「商品・製品等」

ビジネスオーナーズ工場物件用

普通火災(工場物件) 工場物件火災保険

お支払保険金例

金属機械器具製造

水災

事故事例
証明器具より出火。工場を全焼し、休業。

支払保険金

休業31日 休業保険金 780万円
財物保険金 4,330万円

水災

事故事例
油焼戻炉から出火。建築機械などを焼失し、休業。

支払保険金

休業12日 休業保険金 660万円
財物保険金 3,290万円

食料品製造

盗難による盗取(とうしゅ)・損傷・汚損

事故事例
菓子仕上乾燥機から出火。設備等を消失し、休業。

支払保険金

休業2日 休業保険金 90万円
財物保険金 440万円

盗難による盗取(とうしゅ)・損傷・汚損

事故事例
クッキー製造オーブンから出火。機械を焼失し、休業。

支払保険金

休業31日 休業保険金 120万円
財物保険金 480万円

プラスチック製造・科学工場

漏水などによる水濡(みずぬれ)

事故事例
中空成形機が爆発、設備などを焼失し、休業。

支払保険金

休業34日 休業保険金 210万円
財物保険金 210万円

印刷・紙工工場

漏水などによる水濡(みずぬれ)

事故事例
紙製品製造装置より出火。設備等を焼失し、休業。

支払保険金

休業2日 休業保険金 180万円
財物保険金 160万円

電気機械器具製造

漏水などによる水濡(みずぬれ)

事故事例
検査機械からの出火により、機械が全焼し、休業。

支払保険金

休業94日 休業保険金 1,930万円
財物保険金 3,180万円

木工・家具製造

漏水などによる水濡(みずぬれ)

事故事例
作業用アイロンから出火。建物機械設備が焼失し、休業。

支払保険金

休業90日 休業保険金 1,150万円
財物保険金 2,270万円

基本の補償

休業損失

補償名 概要
火災 →休業損失

普通火災保険(工場物件用)で補償される財物損害に加えて、その場合の休業による損失も補償します。 ご契約時にお決めいただいた保険金のお支払い対象期間(約定復旧期間)を限度に、「ご契約金額(休業損失保険金額)×休業日数」をお支払いします。

落雷 →休業日数短縮費用

仮工場費用・移転広告費・外注費用などの、休業日数を減少させるために支出した必要かつ有益な費用も補償します。 「この費用の支出によって減少させることができた休業日数×ご契約金額(休業損失保険金額)」または「ご契約金額(休業損失保険金額)×30倍」のいずれか大きい額を限度に実費をお支払いします。

さらにプラス

オプション

補償名 概要
オプション1 →工場総合特約A

受変電設備、配線設備などの工場内ユーティリティ設備のショート・スパーク等の電気的事故、機械の焼付け・破損等の機械的事故や、いたずら・破壊行為などによる損害を補償します。ただし、損害の額から自己負担額を差し引いた額を保険金としてお支払いします。

※受変電設備、配線設備、照明、放送設備、用水設備、燃料設備、エア供給・ガス供給設備・消火設備など

オプション2 →工場総合特約B

オプション1で補償する受変電設備、配線設備などの工場内ユーティリティ設備の破損、電気的・機械的事故に加えて、建物・機械設備の盗難・破損などによる損害を補償します。
ただし、損害の額から自己負担額を差し引いた額を保険金としてお支払いします。

オプション3 →休業損失追加特約

    受変電設備、配線設備などの工場内ユーティリティ設備の電気的・機械的事故や建物・機械設備・破損などによる休業損失を補償します。

オプション4 →商品・製品等総合補償特約(工場物件用)

商品・製品等に生じた盗難・破損・汚損などの損害を、保管中・輸送中を問わず補償します。
ただし、損害の額から自己負担額を差し引いた残額をお支払いします。また、輸送中の損害は1事故につき1,000万円または保険金額のいずれか低い額が限度となります。

オプション5 →業務用通貨等特約
(工場物件用)

業務用の通貨や預貯金証書に生じた盗難による損害を、保管中・輸送中を問わず、業務用通貨は1事故につき300万円まで、預貯金証書は1事故につき1,000万円まで補償します。

このページは概要を説明したものです。

▲ TOPへ