よくあるご質問 地震保険

地震保険について

Q 地震保険の補償や保険料は全社共通ですか?

はい、地震保険は全社共通商品を販売しています。
地震保険は国と民間の保険会社が共同で運営している保険のため、補償内容も保険料も全社同じ内容となっています。(一部、払込方法によって保険料が異なる場合があります。)
なお、地震保険は単独では入れません。
既に加入している火災保険に付帯して入るか、火災保険に加入されていない場合には火災保険と合わせてご加入ください。

Q 地震保険の保険料が高い気がするのですが・・・。

地震保険の保険料は、損害保険料率算出機構という中立機関が算定した地震保険料率をもとに算出されています。
具体的には政府の地震調査研究推進本部による「確率論的地震動予測地図」を活用し、保険料を算定しています。

一度地震が発生したら、広範囲にわたって損害が発生する場合がほとんどです。
そのため、一度にお支払いする地震保険の保険金は多くなることが通常です。
その結果、地震の発生しやすい地区については保険料を多くいただくこととなります。

Q 地震保険はなぜ原則付帯なのですか?

火災保険では、通常地震・噴火・津波によって生じた火災による損害は補償されないため、1923年の関東大震災や1964年の新潟地震の場合などで、火災保険は罹災者救済策として役立ちませんでした。
そこで地震保険の創設に対する社会的要望が高まり、地震保険が誕生しました。
地震保険創設以降、社会情勢等の変化にあわせて、制度改定が実施されてきましたが、1978年の宮城県沖地震を機に、補償内容の改善の要望が寄せられ、大幅な改定が実施されました。
付帯方法については、お客さまの利便性を考慮し、契約方式を原則自動付帯に一本化しました。
1996年の阪神・淡路大震災以降、さらに「地震保険は必要保険」という認識も高まり加入率が増加していますが、火災保険では地震による火災が補償されないことをご存知でないお客さまが多いため、お客さまの安心・安全を考えて付帯をおすすめしています。

Q 地震保険とは?

地震保険は、地震・噴火またはこれらにより発生した津波による損害を補償します。 (火災保険だけでは、上記の損害は補償されません。)

商品・補償内容

Q 地震保険の保険金額には上限があると聞きましたが、100%保険金を受け取る方法はありますか?

地震保険の保険金額は、建物・家財ごとに火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で決めていただきます。

なお、「地震による火災」の損害については、「THEすまいの保険」「THE家財の保険」の「地震火災特約(地震火災50プラン)」にて最大で火災保険金額の100%まで補償することができます。
本特約のセットをぜひご検討ください。
ただし、本特約をセットしても地震による損壊や埋没による損害や、地震により建物が倒壊した後に火災による損害が生じた場合は、100%の補償をさせていただくことはできませんのでご注意ください。

お問合せ・お申込み

Q 2年目以降の地震保険はいつ口座引落としになりますか?

  • 1年自動継続払の場合
     ⇒2年目以降、毎年、保険開始月翌月の金融機関所定振替日(※1)となります。
  • 長期年払の場合
     ⇒2年目以降、毎年、保険開始月翌月の金融機関所定振替日(※1)となります。
  • 長期月払の場合
     ⇒2年目保険料は、保険契約翌年の保険開始月翌月の金融機関所定振替日(※1)より月々 引落としとなります。以降、保険期間終了まで継続して月々引落としとなります。

※1 金融機関所定振替日は一部の金融機関を除いて原則26日です。
なお、26日が土日祝日の場合はその翌営業日が振替日となります。

※取扱代理店の連絡先は保険証券に掲載しております。
※マイページ(※2)会員のお客さまは、マイページトップ画面「ご契約代理店へのお問合せ」にて取扱代理店の連絡先を掲載しております。

※2 マイページとは、損保ジャパン日本興亜が運営するインターネットサービスです。

Q 地震保険の保険料はいくらぐらいですか?

建物の所在地や構造級別によって保険料が変わります。
以下の「地震保険保険料簡易試算」ページにて地震保険料の試算ができます。どうぞご利用ください。

Q 住居と店舗が一緒になった建物(併用住宅)は、地震保険に加入できますか?

はい、住居部分のある店舗併用住宅については、地震保険に加入することができます。
保険の対象が建物(居住部分あり)と家財(生活用動産)である場合については「THEすまいの保険」に付帯して地震保険に加入することができます。

ただし、営業用什器備品や商品は地震保険の加入対象外となります。

お手続き

Q 地震保険だけを契約することはできますか?

いいえ、地震保険だけでは契約できません。火災保険契約にセットして契約していただくことになります。

Q 地震保険は自動継続されますか?

火災保険が長期契約で、火災保険の満期をむかえるまでは、地震保険満期の3か月前までにお客さまから地震保険の継続の停止のお申し出があった場合を除き、地震保険は自動継続されます。

なお、火災保険の満期が到来した場合は、地震保険も満期となり自動継続されませんので、ご注意ください。

Q 火災保険の保険期間の途中から地震保険に加入することはできますか?

はい、保険期間の途中からでも地震保険に加入はできます。
お手続きに関しては、お手数ですが取扱代理店まで契約者ご本人さまよりご連絡をお願いいたします。

※取扱代理店の連絡先は保険証券に掲載しております。
※マイページ会員のお客さまは、マイページトップ画面「ご契約代理店へのお問合せ」にて取扱代理店の連絡先を掲載しております。

Q 火災保険期間を1年超、地震保険期間を1年間で契約しています。地震保険が1年で切れてしまいますが、どうしたらいいでしょうか?

火災保険が1年超の長期契約で地震保険が1年契約の場合、地震保険は火災保険の満期日まで1年ごとに自動継続(※)されますのでご安心ください。

ただし、お客さまから損保ジャパン日本興亜または取扱代理店に地震保険の自動継続を停止する旨のご連絡をいただいている場合は、地震保険の保険期間は1年間で終了します。

※自動継続とは、火災保険の満期日まで1年ずつ地震保険が自動的に延長される制度です。
なお、自動継続されるには年度ごとの地震保険料をお支払いいただくことが条件となります。

Q 地震保険に加入したときの控除証明書はいつもらえますか?

契約後に送付される火災保険証券に地震保険料控除証明書を添付させていただいております。
なお、長期分割払のご契約や地震保険を自動継続される場合は、2年度目以降の控除証明書は、10月頃送付いたします。

Q 2年度目以降の地震控除証明書はどうしたらもらえますか?

毎年10月上旬を目処に、損保ジャパン日本興亜より「控除証明はがき」をお客さまのご住所に送付しています。
そのため、保険期間中に引越をされた場合は住所変更のお手続きが必要となります。
お引越しの際はお手数ですが、カスタマーセンターまで契約者ご本人さまよりご連絡ください。

※マイページ登録住所も変更する必要がある場合は、契約住所変更手続きの前にマイページ登録住所の変更をお手続き願います。

Q 地震の控除証明書を紛失した場合、どうしたらいいですか?

お客さまのご契約を担当させていただいている損保ジャパン日本興亜の営業店にて再発行させていただきます。
カスタマーセンターまで契約者ご本人さまからお問い合わせください。

このたびの大規模地震に関するご案内

Q 地震保険に加入する方法は?

地震保険は、火災保険に付帯してご契約いただきます。
地震保険だけをご契約いただくことができませんので、火災保険のご契約有無をご確認ください。

  • 火災保険のご契約が損保ジャパン日本興亜でご契約の場合
    ご契約の代理店へ地震保険の加入をお申し出いただくようお願いいたします。対象の建物・家財を確認させていただいたうえでのお手続きとなります。また、確認の際に、写真を撮影させていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。
    取扱代理店の連絡先は、保険証券や満期案内に掲載しております。保険証券、満期案内がお手元にない場合は、までお問い合わせください。
  • 火災保険を他社でご契約の場合
    お引受保険会社へお問い合わせください。
  • 火災保険のご契約がない場合
    「お見積り・ご契約」ボタンよりご依頼ください。

Q 地震保険を増額する方法は?

地震保険は、ご契約の建物・家財ごとに主契約(火災保険)の保険金額の30%~50%の範囲内でご契約いただけます。ただし、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度となります。お手続きにあたっては、取扱代理店へお問い合わせください。場合によって、対象の建物・家財を確認させていただいたうえでのお手続きとなります。また、確認の際に、写真を撮影させていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。
取扱代理店の連絡先は、保険証券や満期案内に掲載しております。保険証券、満期案内がお手元にない場合は、カスタマーセンターまでお問い合わせください。

Q 地震保険には何日くらいで加入できますか?

具体的な日数は、お客さまの建物・家財の状況などにより異なります。ご契約にあたり、対象の建物・家財を確認させていただいたうえでのお手続きとなります。

Q 自分が地震保険に加入しているかわからない。確認するにはどうすればいいですか?

取扱代理店へお問い合わせください。取扱代理店の連絡先は、保険証券や満期案内に掲載しております。保険証券、満期案内がお手元にない場合は、カスタマーセンターまでお問い合わせください。

また、損保ジャパン日本興亜のインターネットサービス『マイページ』でもご確認いただけます。

Q 地震や津波による自動車の損害は地震保険で補償されますか?

いいえ、補償されません。地震保険では、地震等を原因とする保険の対象である居住用の建物または家財の損害を補償しますが、自動車、貴金属、宝石、書画等で1個または1組の価額が30万円を超えるものなど、対象外となるものがあります。

Q 地震保険で地震による火災の損害は補償されますか?

はい、地震保険にご加入の際は、地震による火災も補償の対象となります。なお、火災保険のみご加入の場合、補償対象となりませんが、地震火災費用保険金をお支払いできる場合があります。

Q 地震保険では地震による津波の損害は補償されますか?

地震保険では、津波による損害は地震同様、補償の対象となります。

Q 地震による損害は火災保険で補償されますか?

いいえ、地震や地震による津波による損害につきましては、火災保険では補償の対象となりません。地震や地震による津波を原因とする火災損害であっても地震保険のご加入が必要となります。
なお、火災保険のみご加入の場合であっても、地震を原因とする火災による損害に関しては、地震火災費用保険金をお支払いできる場合があります。

Q 大きな地震でも、保険会社はきちんと保険金を支払えるのですか?

はい、地震保険は「地震保険に関する法律」に基づいて提供される保険であり、政府が保証する制度ですので、基本的にご契約の保険金額に応じて保険金をお支払いをします。ただし、1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険金総額が11.3兆円(平成28年7月現在)を超える場合には、支払われる保険金が削減される可能性がありますのでご注意ください。

Q 地震による火災の損害は、地震保険に加入していれば全額補償されますか?

いいえ、地震保険では、地震による火災の損害は全額補償されません。地震保険は、ご契約の建物・家財ごとに主契約(火災保険)の保険金額の30%~50%の範囲内で決めていただいた保険金額を上限に補償されます。ただし、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度となります。詳しい補償範囲は地震保険の「補償内容」に関するページをご覧ください。
なお損保ジャパン日本興亜の個人向け火災保険「」では、地震火災50プラン(地震火災特約)により地震による火災について最大で火災保険金額の100%を補償することができます。詳しくは個人向け火災保険「THEすまいの保険」-地震火災特約のページをご覧ください。(地震火災30プランは、保険金額の80%までとなりますのでご注意ください)

地震保険の補償内容のページ 基本の補償・地震火災特約

Q 地震保険を法人で契約することはできますか?

はい、できます。
ただし、地震保険制度は被災者の生活の安定を目的とする保険であるため、保険の対象は居住用建物および家財一式にかぎります。

Q 地震による損害が発生したが、どこへ連絡すればよいですか?

地震による被害にあわれたら、事故サポートセンターへご連絡・お問い合わせください。
事故時のご連絡先

Q 地震によって借りているアパートの設備が損傷しました。大家さんに弁償する必要はありますか?

いいえ、通常は弁償の必要はございません。通常は、借りているアパートが地震により損傷しても、貸主に対する賠償責任は生じません。

Q 地震によって屋根が崩れ、隣家の外壁に傷をつけてしまいました。自分の火災保険で隣家の損害は補償されますか?

いいえ、隣家の地震による損害は、火災保険では補償されません。隣家がご自身で地震保険にご加入いただいている場合、損害の程度によっては、その保険で補償対象となる可能性があります。

Q 地震保険ではどのような損害が補償対象となりますか?

地震、噴火またはこれらによる津波を直接または間接の原因とする火災、損壊、埋没、流失によって、保険の対象(建物または家財)が一部損以上の損害を被った場合に保険金が支払われます。

Q 地震保険での「全損」「大半損」「小半損」「一部損」とはどのような損害をいいますか?

Q 地震保険に加入していれば地震による損害額の全額を補償されますか?

いいえ、地震保険により地震による損害の全額を補償することはできません。
全損の場合であっても加入時に設定した地震保険金額をお支払いします。(時価限度)
また、自動車や1個または1組の価額が30万円を超える貴金属類など(明記物件)については地震保険の対象となりません。

※地震保険の保険金額は、保険証券に記載していますので、ご確認ください。
保険証券がお手元にない場合は、カスタマーセンターまでお問い合わせください。

Q すでに地震による被害の事故連絡をしましたが、再度余震で建物の損害が発生した場合はどうなりますか?

72時間以内に発生した2以上の地震等は、これらを一括して1回の地震等とみなします。なお、事故連絡後、余震によりさらに損害が出た場合も、再度事故のご連絡をお願いします。改めて損害の状況を確認いたします。
その場合は、以下の連絡先までご相談ください。

Q 地震による損害がありました。損害の写真は撮っておいたほうがいいですか?

まずは、以下の連絡先へご連絡ください。なお、お客さまで写真撮影いただければ、保険金のお支払手続がスムーズになる場合があります。そのため、損害が発生した箇所について、写真撮影いただくことをおすすめします。

Q 地震で薄型テレビが壊れました。 地震保険に加入をしていますが、保険金の支払い対象になりますか?

はい、家財を保険の対象として地震保険に加入されていれば補償の対象となります。
ただし、家財全体の時価額に対する地震による損害の程度に応じて補償されない場合がありますのでご注意ください。
地震によりご契約の家財に損害があった場合、お支払いする保険金と損害の認定基準は以下のページをご覧下さい。

地震保険の補償内容のページ 基本の補償

※地震保険金額は、保険証券をご確認ください。
保険証券がお手元にない場合は、カスタマーセンターまでお問い合わせください。

Q 地震で食器が割れてしまいました。地震保険の対象ですか?

はい、家財を保険の対象として地震保険に加入されていれば補償の対象となります。
ただし、家財全体の時価額に対する地震による損害の程度に応じて補償されない場合がありますのでご注意ください。
地震によりご契約の家財に損害があった場合、お支払いする保険金と損害の認定基準は以下のページをご覧下さい。

地震保険の補償内容のページ 基本の補償

※地震保険金額は、保険証券をご確認ください。
保険証券がお手元にない場合は、カスタマーセンターまでお問い合わせください。

Q 地震で給湯器が壊れ、お湯が出ません。 地震保険に加入をしているが、保険金の支払い対象になりますか?

給湯器のみの損害であれば、地震保険の補償の対象となりません。
なお、建物全体が損害を受けた場合については、給湯器の損害についても、地震による建物の損害は地震保険で補償されます。ただし、被害が軽微な場合は補償されない場合がございます。

Q 地震で家財の損害がありました。地震保険で補償されますか?

はい、家財を保険の対象として地震保険に加入されていれば補償の対象となります。
ただし、家財全体の時価額に対する地震による損害の程度に応じて補償されない場合がありますのでご注意ください。
地震によりご契約の家財に損害があった場合、お支払いする保険金と損害の認定基準は以下のページをご覧下さい。

地震保険の補償内容

※地震保険金額は、保険証券をご確認ください。
保険証券がお手元にない場合は、
カスタマーセンターまでお問い合わせください。

Q 地震で家具が倒れて壁に穴があいてしまいました。この場合、建物を保険の対象とした地震保険の保険金は支払われますか?

建物の損害が内壁のみの場合は保険金が支払われない可能性が高いです。
なお、建物全体が損害を受けた場合で主要構造部の損害額がその建物の保険価額の3%以上となった場合については、内壁に損害が発生した場合でも、地震保険の保険金は支払われます。被害が軽微な場合は保険金が支払われないことがございます。

Q 地震で、木造建物の屋根の瓦が落ちて割れてしまいました。地震保険で補償されますか?

はい、地震保険で補償されます。
なお、被害が軽微な場合(一部損に至らない場合)は補償されない場合がございます。

※非木造建物については、屋根のみの損害は補償されませんのでご注意ください。

Q 今回の地震で建物が被害を受けた。 今後の手続きの流れはどうなるのですか?

以下の地震による被害のご連絡・お問い合わせ窓口でご案内させていただきます。

Q 地震で水道管が破裂し階下へ被害を与えてしまいました。自分の地震保険か火災保険で階下の損害を補償してもらえますか?

いいえ、地震により他人に与えてしまった損害については、ご自身の地震保険では補償されません。被害を受けられた階下の方が地震保険に加入していれば、補償される可能性があります。ただし、被害が軽微な場合は補償されない場合がございますので、ご注意ください。

Q 賃貸マンションに住んでいますが、地震保険に入る必要はありますか?

はい、賃貸マンション、アパートなどにお住まいの場合でも、地震による家財(家具や電化製品など)の損害は地震保険の補償の対象となりますので、ご加入をおすすめします。ただし建物の被害につきましては、部屋の借り主に賠償する責任は発生しませんので建物の持ち主(大家)の負担となります。

Q 火災保険の「費用保険金」は地震や津波により発生した費用でも支払われますか?

いいえ、支払われません。 地震や津波により費用が発生した場合、火災保険の「費用保険金」は他の補償と同様、お支払いの対象となりません。
ただし、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で建物が半焼以上、または保険の対象の家財が全焼した場合は、火災保険の「地震火災費用保険金」がお支払いの対象となり、火災保険金額の5%をお支払いします。

Q 地震保険の多額の支払で、保険会社の経営は大丈夫ですか?

損保ジャパン日本興亜では、万一に備えて、準備金を積み立てています。
また、地震保険の支払い負担は国や再保険会社と分け合うなどの措置を講じていますので経営基盤・財務基盤に与える影響は限定的です。

Q 地震で家に被害が出ましたが、今からでも地震保険に入れますか?

はい、ご加入することができます。
ただし、地震保険の対象となる建物や家財に地震による損害が既に発生している場合には、その損害に対して保険金はお支払いできませんのでご了承ください。
また、地震保険に加入いただく際に、地震保険の対象となる建物や家財の損害の有無や状況を確認させていただきます。
なお、確認の結果、保険の対象が全損している場合など、地震保険を付帯できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

地震保険は、火災保険に付帯してご契約いただきます。
地震保険だけをご契約いただくことができません。

Q 建物(母屋)には損害がなかったが、ブロック塀のみが倒壊したような場合、保険金支払いの対象となりますか?

地震保険は、建物の主要構造部の損害の程度により、「全損」「半損」「一部損」の損害認定が行われます。
よって、塀や門のみの単独損害など建物の主要構造部に損害がない場合は、地震保険の保険金は支払われません。

※「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の詳細は、以下の関連ページをご確認ください。

地震保険の補償内容のページ 基本の補償

▲ TOPへ