損保ジャパン日本興亜 火災保険よくあるご質問>THEすまいの保険 商品・補償内容・ご契約条件・保険料

よくあるご質問 THEすまいの保険 商品・補償内容・ご契約条件・保険料

お取扱いの範囲

Q 夫婦で共有の建物ですが、契約できますか?

はい、被保険者(=補償を受けられる方)をご夫婦連名にしていただくことでご契約できます。 なお、ご契約者さまは代表の方お一人でご契約いただけます。

Q 保険金受取人を指定できますか?

いいえ、できません。
火災保険では、建物や家財の所有者を被保険者(=補償を受けられる方)としてご契約いただくことになります。

Q 保険の契約者と建物の所有者が異なる場合、火災保険金は誰に支払われるのですか?

通常、建物の所有者(=被保険者)に支払われます。
ただし、質権付の契約など被保険者に支払われない場合もあります。

Q 古い家でも保険はかけられますか?

はい、古い建物でも、メンテナンスが適正に行われており、現在居住用として使用している建物である場合は「THEすまいの保険」にご加入いただけます。

Q 空家でも個人用火災総合保険「THEすまいの保険」で契約できますか?

いいえ、「THEすまいの保険」では住居として使用される建物を対象としているので空家はお引き受けできません。
ただし、別荘など季節的に住居として使用される建物についてはお引き受けの対象となります。

Q 他人の建物に保険をかけることは出来ますか?

はい、できますが、お申込み時に必ず所有者の方の同意が必要となります。また、保険金を受け取る人は所有者(=被保険者)の方になります。
ただし、通常火災保険は所有者ご本人が契約されているケースが多いです。
所有者ご本人およびご契約者さまがどちらも同一の建物に火災保険をかけてしまうと、契約が重複してしまい、ご希望通りの保険金がお支払いできない場合や、保険料を払いすぎる場合があります。

Q 分譲マンションを購入したのですが、マンション用のプランはありますか?

はい、「THEすまいの保険」では、マンション専用のプランをご用意しております。

Q 分譲マンションで、購入した金額よりもかなり低い金額で保険金額を設定され、見積の提示を受けたのですがなぜですか?

一般的に、マンションの購入金額には土地代や共用部分の金額が含まれています。
そのため、マンションの購入金額から土地代を除いた金額が建物の価格となります。また、分譲マンションは、専有部分と共用部分に分かれており、通常、専有部分はお客さまご自身が保険をかけ、共用部分はマンションの管理組合が火災保険をかけます。

※共用部分の火災保険については、専有部分と合わせて個人でおかけいただく場合もございますのでマンション管理組合の規約をご確認ください。

Q ソーラーシステムを建物につけた場合、保険の対象となりますか?

はい、建物を保険の対象とされている場合は補償されます。
なお、火災保険のご契約後にソーラーシステムを取り付けた場合は建物の評価額が変更となるときがあります。

Q 賃貸物件内収容の家財の保険に入りたいのですが、「THEすまいの保険」の契約はできますか?

賃貸入居者の場合は「THE家財の保険」にてご契約下さい。「THE家財の保険」では、借家人賠償責任補償がセットされております。

Q 火災保険の保険料は何を基準に決まりますか?

保険料は、保険の対象である建物、または保険の対象である家財を収容する建物の、構造・所在地・用途の他、保険金額*、補償内容、割引の適用可否、保険期間、払込方法などによって決まります。

*保険金額とは、保険契約において保険の対象に対して設定する契約金額のことで、お支払いする保険金の限度額となります。

Q すまいとくらしのアシスタントダイヤルを利用したら、保険料が高くなりますか?

いいえ、すまいとくらしのアシスタントダイヤルを利用しても、保険料が高くなることはありません。

Q 保険の対象とは?

保険の対象とは、保険をつける対象のことです。例えば、建物、家財が該当します。これらは、それぞれ別個に保険金額を設定してご契約をする必要があります。建物に火災保険をつけただけでは、家財の補償は受けられません。

各種割引

Q 契約期間により保険料の割引はありますか?

はい、「THEすまいの保険」「THE家財の保険」では、長期契約(2年以上のご契約)であれば、保険料の割引があります。
ただし、地震保険は割引の対象外となります。

<長期契約で月払または年払契約の場合>
・保険期間2年 割引率3% ・保険期間3年 割引率8% ・保険期間4年 割引率8% ・保険期間5年 割引率10%

※長期月払、長期年払契約の場合、保険期間は最長5年となります。

<長期契約で一括払契約の場合>
保険期間に応じて、所定の係数を乗じます。

Q 火災保険で、長期の契約はできますか?

はい、最長36年までの長期のご契約が可能です。

ただし、長期年払・長期月払のご契約の場合は最長5年となる等、ご契約の内容によっては、保険期間に制限がある場合や、長期でのご契約ができない場合があります。

Q 割増引とは?

ご契約の条件によっては、割増引が適用される可能性があります。『THEすまいの保険』、『THE家財の保険』で適用となる割増引は以下のとおりです。

火災保険および特約に適用する割増引(地震保険は含みません)

割引名称 内容
公有物件割引(注)

損保ジャパン日本興亜所定の公有物件を保険の対象とする契約に適用

準公有物件割引(注)

損保ジャパン日本興亜所定の準公有物件を保険の対象とする契約に適用

社会福祉施設物件割引(注)

損保ジャパン日本興亜所定の社会福祉施設物件を保険の対象とする契約に適用

職業割増

併用住宅物件のうち、損保ジャパン日本興亜所定の用途に使用されている建物に対して適用

作業割増

併用住宅物件のうち、製造または加工等の損保ジャパン日本興亜所定の作業を行っている建物に対して適用

団体扱大口割引

所定の条件をみたした団体扱契約に適用

(注)割引適用範囲は、火災保険と一部の特約のみとなります。

地震保険に適用する割引

割引名称 内容
耐震等級(1級)割引

品確法に基づく性能評価書で、耐震等級1であることが確認できた建物、およびその収容家財に対して適用

耐震等級(2級)割引)

品確法に基づく性能評価書で、耐震等級2であることが確認できた建物、およびその収容家財に対して適用

耐震等級(3級)割引

品確法に基づく性能評価書で、耐震等級3であることが確認できた建物、およびその収容家財に対して適用

建築年割引

昭和56年6月1日以降に新築された建物、およびその収容家財に対して適用

免震建築物割引

品確法に基づく性能評価書で、免震建築物であることが確認できた建物、およびその収容家財に対して適用

耐震診断割引

改正建築基準法(昭和56年6月1日施行)における耐震基準をみたしている建物、およびその収容家財に対して適用

長期月払・年払に関する割引

保険期間 割引率
2年 3%
3年 8%
4年 8%
5年 10%

Q 住宅用の防災機器が付いていれば保険料の割引はありますか?

いいえ、「THEすまいの保険」で、居住の用に供する建物を保険の対象とし、その建物に住宅用防災機器が付いている場合の割引はありません。

Q 長期優良住宅の場合、何か割引がありますか?

THEすまいの保険には割引はありませんが、THEすまいの保険に付帯する地震保険(平成23年7月1日以降地震保険始期契約)に割引が適用される場合があります。

Q どのような割引制度がありますか?

「THEすまいの保険」「THE家財の保険」で適用となる割引は以下のとおりです。

 
  • 長期分割割引
    保険期間が2~5年の長期年払特約または長期月払特約をセットした契約に適用できます。
  • 公有物件等割引
    公有物件、準公有物件および社会福祉施設物件を保険の対象とする契約に適用できます。

保険料のお支払い

Q 保険料の払込方法が長期一括払の場合は満期まで保険料を追加で支払う必要はないのでしょうか?

はい、保険期間の途中で契約条件の変更(*1)がなければ保険料を追加でお支払いいただくことはありません。
なお、地震保険については、火災保険と保険期間および払込方法が異なる場合があります。
この場合、地震保険の保険料を追加でお支払いいただくケースがありますので、ご注意ください。

* 契約条件の変更例

  • 建物の増改築により建物の構造が変更する場合
  • 建物の増改築により評価額が増額することで保険金額もを見直す場合
  • 引越しにより保険の対象の所在地が変更することで、基本保険料や構造、評価額が変更する場合
    など

Q 保険料払込方法とは?

保険料払込方法とは、保険料を払い込む各種方法のことで、『THEすまいの保険』、『THE家財の保険』では以下のようなお支払い方法があります。

払込方法 内容 主なお支払い方法 払込期日
一括払・長期一括払

保険料を一括でお支払いいただく方法

口座振替

ご契約期間の初日の属する月の翌月の金融機関所定の振替日※

月払

保険料を毎月お支払いいただく方法

口座振替

ご契約期間の初日の属する月の翌月の金融機関所定の振替日※(分割払の場合は、以降毎月の振替日)

長期月払

保険料を毎月お支払いいただく方法

口座振替

ご契約期間の初日の属する月の翌月の金融機関所定の振替日※(分割払の場合は、以降毎月の振替日)

長期年払

保険料を毎月お支払いいただく方法

口座振替

ご契約期間の初日の属する月の翌月の金融機関所定の振替日※(分割払の場合は、以降毎月の振替日)

団体扱12回・
集団扱12回

保険料を毎月お支払いいただく方法

お客さまの勤務先または所属する団体等を通じて集金する団体扱や集団扱です。ご加入には一定の条件があります。団体扱/集団扱とは?をご確認ください。

団体扱一括・
集団扱一括・
集団一括・
集団長期一括

保険料を一括でお支払いいただく方法

お客さまの勤務先または所属する団体等を通じて集金する団体扱や集団扱です。ご加入には一定の条件があります。団体扱/集団扱とは?をご確認ください。

集団長期年払

保険料を毎月お支払いいただく方法

お客さまの勤務先または所属する団体等を通じて集金する団体扱や集団扱です。ご加入には一定の条件があります。団体扱/集団扱とは?をご確認ください。

※原則26日となります。ただし、26日が休日などにあたる場合は翌営業日となります。また、金融機関によっては振替日が異なる場合があります。

Q 払込方法とは?

保険料につきましては、以下のようなお支払い方法があります。

払込方法 内容
口座振替

保険料を口座振替によりお支払いいだだく方法です。

払込票払

ご契約後、ご契約者に送付する払込票※を、ゆうちょ銀行、損保ジャパン日本興亜所定のコンビニエンスストア、またはPay-easy(ペイジー)利用可能な銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫などにお持ちいただき保険料をお支払いいただく方法です。

満期返れい金差引

積立保険の満期返れい金を、新しい契約の保険料に充当する方法です。

※払込票は保険証券(または保険契約継続証)とは別にお届けします。

Q 団体扱/集団扱とは?

それぞれ次のとおりです。

  • 【集団体扱】
    団体(企業等)の従業員10名以上が加入し、かつ団体(企業等)が月々の給与から天引き(または保険料集金代行サービスを使った口座振替)により保険料を集金して保険会社(代理店)に一括して支払う形態です。
  • 【集団扱】
    集団の構成員の10名以上が契約に加入し、かつ集団が月々の保険料を集金(または保険料集金代行サービスを使った口座振替)して、保険会社(代理店)に一括して支払う形態です。

団体扱特約・集団扱特約は、団体・集団等と損保ジャパン日本興亜の間で集金事務の委託契約を交わしている場合、ご契約者・被保険者(補償を受けられる方)が、それぞれ下表のご加入条件に該当するときにかぎりセットできます。
なお、ご契約後に下表の条件に該当しなくなった場合は、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜にご連絡ください。

  ご加入条件(団体扱・集団扱の対象となる方) 団体扱・集団扱の対象とならない方の例

ご契約者
右記に該当する方ご本人のみが対象となります。 ご家族等は対象外です。

団体扱

団体(企業等)に勤務し、その団体から毎月給与の支払いを受けている方(ご本人)
等※

  • 団体から給与の支払いを受けていない方(ご家族・他団体からの出向者・派遣の方等)
  • 団体に勤務していない方(ご家族、取引業者、下請業者等)
  • 団体に引き続き雇用される期間が1年未満の方(アルバイトの臨時雇の方等)
  • 【団体の制度で退職者が対象となっていない場合】
    団体を退職された方※  等
集団扱

次のいずれかに該当する方

  • 集団の構成員(役員・従業員を含みます)
  • 集団を構成する集団の構成員(役員・従業員を含みます)
  • 集団
  • 左記の集団扱の対象となる方の「ご家族」
  • 集団の構成員でない方(取引業者等)

被保険者(補償を受けられる方)
ご家族等の場合、ご契約者との関係にご注意ください。

次のいずれかに該当する方

  • ご契約者ご本人
  • ご契約者の配偶者
  • ご契約者またはその配偶者の同居のご親族
  • ご契約者またはその配偶者の別居の扶養親族
  • 別居の結婚しているお子さま
  • 別居の扶養していないご父母
  • 別居の就職しているお子さま

※ 団体によっては、退職者や系列会社に勤務されている方等も対象となる場合があります。
(注1)集団扱契約の場合は、原則として別途集団扱要件ご確認のお願いをしています。
(注2)債務者集団扱は除きます。

▲ TOPへ